to top


ランチタイムコンサート
エリク・パルハンスキ Eryk Parchański
〈特別ゲスト〉
2023年ポーランド全国ショパン・ピアノコンクールの覇者が
ショパン・フェスティバルに登場!

2024年6月1日(土) 開場11:30 開演12:00
会場:カワイ表参道 コンサートサロン「パウゼ」

入場料1000円  

PROGRAM
ショパン:
ノクターン 嬰ハ短調 Op.27-1
エチュード イ短調 Op.25-11 「木枯らし」
ポロネーズ 変イ長調 Op. 53 「英雄」
バラード第1番 ト短調 Op.23  
バラード第2番 ヘ長調 Op.38
バラード第3番 変イ長調 Op.47
バラード第4番 ヘ短調 Op.52

PROFILE エリク・パルハンスキ Eryk Parchański
2002年5月ビェルスコ・ビャワ生まれ。現在カトヴィツェのカロル・シマノフスキ音楽アカデミーでヴォイチェフ・シヴィタワ教授に師事。ビェルスコ・ビャワのモニューシュコ記念国立音楽学校でピアノを学び始める。キエルツェのリュドミール・ロジツキ音楽学校のアルトゥール・ヤロン氏の下で優秀な成績で卒業。これまでに数多くの国内外のピアノコンクールに出場しポーランド国内ではジャガン、リブニク、コニン、コシツェ、キエルツェ各コンクールで優勝。また第1回ショパン国際コンクール「グロリア・アルティス」(ウィーン)グランプリ受賞。 第14回国際ピアノフォーラム「国境なきビエシュチャディ」でのゴールデン・パルナッソス。 2019年第1回国際ポーランド音楽コンクールのファイナリスト。最も新しい経歴はワルシャワで2023年12月に開催された第52回全ポーランドショパンピアノコンクールでの優勝がある。その芸術的功績により文化・国家遺産大臣からヤング・ポーランド奨学金プログラム受賞。リヴィウ・アカデミー室内管弦楽団、リヴィウ国立フィルハーモニー管弦楽団、キェルツェフィルハーモニー管弦楽団、ジェシュフフィルハーモニー管弦楽団、ワルシャワ国立フィルハーモニー室内管弦楽団と共演。ジェラゾヴァ・ヴォラのショパン生家で3度リサイタルに参加し、ワジェンキ公園のショパン・コンサート、ソロモン・ホールでのショパン・コンサートに参加。第55回ポーランド・ピアノ・フェスティバルのユース・ステージ優勝。デンマーク、オーストリア、ドイツ、スロバキア、ウクライナ、リトアニアなどでコンサートを行うほか、アンジェイ・ヤシンスキ、ケビン・ケナー、フィリップ・ジュジアーノ、リディア・グリヒトウォナ、カルロ・パレーセ、オイゲン・インジッチなどの著名な教授のマスタークラスに参加。


to top