日本ショパン協会 > ショパン・フェスティバル2017 in 表参道 > 高橋優介 ランチタイムコンサート


高橋優介ランチタイムコンサート
The waltz 〜愛と哀愁の旋律〜
2017年5月25日(木) 12:00開演(11:30開場)
会場:カワイ表参道コンサートサロン「パウゼ」

入場料 500円 全自由席

 

《メッセージ 》
今回のテーマ「愛と哀愁の旋律」では、ショパンの生涯の中での、病の苦悩とは一歩離れた所にあった穏やかな時間、また、過ぎ去った日々を想い感傷に浸れる些細な喜び。そんな世界観を目指し全編長調で曲目を選んで参りました。お越し頂けると幸いです。(高橋優介)
PROGRAM
ショパン:
ワルツ 変イ長調 op.34-1「華麗なる円舞曲」
3つのワルツ op.64
バラード 第3番 変イ長調 op.47
スクリャービン:
ワルツ 変イ長調 op.38
リャードフ:
舟歌 嬰ヘ長調 op.44
ショパン:
アンダンテ・スピアナートと
華麗なる大ポロネーズ op.22
※曲目・曲順が変更になる場合がございます。

PROFILE 高橋 優介 たかはし●ゆうすけ
1994年、千葉県出身。上野学園大学音楽学部音楽学科演奏家コース卒業後、同大学音楽学部専攻科で一年間学ぶ。上野学園 作曲・編曲サークル「下谷楽派」メンバー。 第10回東京音楽コンクールピアノ部門第1位及び聴衆賞受賞。NPO法人 芸術・文化 若い芽を育てる会第5回奨学生。 これまでに、上野学園大学管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、山形交響楽団、千葉交響楽団と共演、ソルフェージュを佐怒賀悦子、和声学を西尾洋、ピアノを齋藤由里子、横山真子、宮本玲奈の各氏に師事。 現在、横山幸雄、久保春代、川田健太郎の各氏に師事。ピアノの演奏活動の他、作・編曲を行いアンサンブルでの活動も行っている。


日本ショパン協会 > ショパン・フェスティバル2017 in 表参道 > 高橋優介 ランチタイムコンサート