日本ショパン協会 > ショパン・フェスティバル2017 in 表参道 > 花房 晴美 ピアノリサイタル


花房 晴美 ピアノリサイタル
時代と世界を舞曲はめぐる〜ショパンにはじまる名曲の系譜〜
2017年5月27日(土) 17:30開演(17:00開場)
会場:カワイ表参道コンサートサロン「パウゼ」

入場料 3,000円 全自由席

  完売御礼

(C) 武藤 章

《メッセージ 》
サロンの寵児だったショパンの曲をカワイのサロンで弾くのはとてもうれしい。他の曲も小さな会場を想定して選びました。当時のサロンの雰囲気を感じていただけたら幸いです。(花房晴美)

PROGRAM
ショパン: 子守歌 変ニ長調 op.57  
幻想即興曲 嬰ハ短調 op.66
ノクターン 嬰ハ短調(遺作)
ノクターン 変ホ長調 op.9-2
スケルツォ 第1番 ロ短調 op.20
ラヴェル: 亡き王女のためのパヴァーヌ
サティ: 幻想・ワルツ 変ニ長調
グノシェンヌ 第4番
マスネ: 2つの小品 
1.黒い蝶 2.白い蝶
ストラヴィンスキー:タンゴ
ドビュッシー: レントよりおそく
マヌエル・デ・ファリャ:ワルツ・カプリッチョ
ショパン: ワルツ 変ニ長調 op.64-1「小犬」
ワルツ 嬰ハ短調 op.64-2
ワルツ ホ短調 遺作
※曲目・曲順が変更になる場合がございます。

PROFILE 花房 晴美 はなぶさ●はるみ
″巨匠ピアニスト名鑑のH の項に、クララ・ハスキル、ウラディーミル・ホロヴィッツに並んで、いずれ花房晴美の名が刻まれるであろう。″―ハイファイステレオ誌 華麗な演奏が魅力の、日本を代表するピアニストの一人。国際的にも高く評価されている。桐朋学園高校を首席で卒業後、パリ国立音楽院で学ぶ。エリーザベト王妃国際コンクール他、数々の国際コンクールに入賞。国内でのリサイタルの他、NHK交響楽団をはじめとする日本の主要オーケストラとの共演も数多い。 最新CDは日本アコースティックレコーズより「フランス・ピアノ作品集 〜花房晴美ライブ・シリーズ II」があり、レコード芸術で特選盤に選ばれる。 国外での活動も活発で、2011年1月にはニューヨークカーネギー・ホールでニューヨークデビュー公演を行い、2013年3月にはマイケル・シンメル芸術センター(ニューヨーク)にて、「西村朗:ピアノ協奏曲<シャーマン>」をアメリカで初演し、大きな話題を呼んだ。2010 年からシリーズ:パリ 音楽のアトリエをスタートさせ、第13集を2017年4月21日(金)に予定している。1977年第4回日本ショパン協会賞受賞。


日本ショパン協会 > ショパン・フェスティバル2017 in 表参道 > 花房 晴美 ピアノリサイタル