to top

外山 啓介 ピアノリサイタル
〜バッハとショパンの最高傑作〜
バッハのパルティータと、彼から大きな影響を受けたショパン最期のソナタ。
2人の偉大な作曲家の最高傑作をお聴きください。
2019年5月30日(木) 開演18:30 (開場18:00)
会場:カワイ表参道コンサートサロン「パウゼ」

入場料 3000円 全自由席

 


(C) Yuji Hori

PROGRAM
パデレフスキ:
ノクターン 変ロ長調 op.16-4
武満 徹:雨の樹素描 I・II
バッハ:
パルティータ 第6番 ホ短調BWV830
ショパン:
ノクターン ロ長調op.62-1
ピアノソナタ 第3番 ロ短調op.58

PROFILE 外山 啓介 Keisuke Toyama
第73回日本音楽コンクール第1位。 東京藝術大学卒業後ハノーファー音楽演劇大学留学を経て、東京藝術大学大学院を修了。07年CDデビュー、サントリーホールをはじめ各地で行われたデビュー・リサイタルが完売とな る。ほぼ毎年CDをリリースし09年 『ラフマニノフ』と13年『展覧会の絵』は「レコード芸術」誌特選盤に選出されて いる。全国各地でのリサイタル・ツアーを毎年実施、主要オーケストラとの共演も多数あり、その繊細で色彩感豊かな独特の音色を持つ演奏 は、各方面から高い評価を得ている。17年はデビュー10周年記念ツアーを約20か所で 行い、最新CD『マイ・フェイヴァリッツ』をリリースした。18年、第44回「日本ショパン協会賞」受賞。札幌大谷大学芸術学部音楽学科講師。洗足学園音楽大学 非常勤講師。
外山啓介オフィシャルサイト http://www.keisuke-toyama.com

to top